例を使用して簡略化されたDiskPartコマンド

2021年5月2日 3392 ビュー 例を使用して簡略化されたDiskPartコマンド

このSゾーンは、DiskPartについて知っておく必要のあるすべてのことを教えてくれます。このWindowsディスク管理ユーティリティを一体どうやって理解できるのか疑問に思ったら、ここで終わりです。

このガイドは、DiskPartの簡略化された定義から始まります。さらに、ディスク、ボリューム、およびパーティション間の関係についてのわかりやすい説明を提供します。

また、すべてのDiskPartコマンドの完全なリストと、それらの機能の説明も表示されます。最後に、ガイドには一般的な日常のSysAdminDiskPartの例があります。

このDiskPartコマンドガイドには、いくつかのトピックが含まれています。必要なDiskPartコマンドのヘルプトピックを見つけるには、展開します 投稿トピックを閲覧する 以下で、必要なトピックをクリックしてください。ただし、DiskPartを初めて使用する場合は、ガイド全体を読むことができます。ガイド全体を読むには、約27分かかります。リンクをブックマークして後で戻ってくることができます!

投稿トピックを閲覧する

DiskPartとは何ですか?

DiskPartとは

DiskPartは、コンピューター上のドライブを管理するのに役立つWindowsコマンドラインツールです。このコマンドラインツールを使用すると、ディスク、ボリューム、パーティション、および仮想ハードディスクを管理できます。

すぐにわかるように、DiskPartコマンドは非常にたくさんあります。ただし、他のコマンドの前にあるLISTとSELECTの2つのコマンドがあります。

具体的には、他のコマンドを使用してオブジェクト*を管理する前に、まずオブジェクトをリストし、次にオブジェクトを選択する必要があります。オブジェクトが選択されると、後で実行する他のコマンドが選択されたオブジェクトに適用されます。

また、オブジェクト*は、ディスク、ボリューム、パーティション、または仮想ハードディスクにすることができます。 LIST、次にSELECTの原則は、これらのタイプのオブジェクトのいずれにも適用されます。

ディスク、パーティション、およびボリュームの説明

ディスク、パーティション、およびボリュームの説明

これらの3つのドライブオブジェクトは簡単に混乱するため、このセクションを追加する必要があると感じましたが、このガイドで説明されている概念を理解するために不可欠です。

ディスクは、パーティションまたはボリュームのいずれかを収容できるプライマリオブジェクトまたはコンテナです。以下のスクリーンショットでは、3つのディスクがあります。各ディスクの右側には、パーティションまたはボリュームがあります。

ディスクにパーティションまたはボリュームが含まれるかどうかは、ストレージスキームによって異なります。ディスクがベーシックディスクの場合、パーティションが含まれます。ただし、ダイナミックディスクの場合は、ボリュームが含まれます。

これらの概念の詳細については、ガイド–ダイナミックディスクの説明、およびダイナミックディスクとベーシックディスクの比較をお読みください。また、Windows10ディスクの管理ガイドも利用できます。

これらのディスクの概念を理解すると、このガイドの残りの部分で共有されているDiskPartコマンドを理解しやすくなると強く信じています。

DiskPartコマンドのヘルプを入手する

DiskPartコマンドのヘルプを取得する

Windowsコマンドユーティリティ(またはその他のコンピューティングコマンドユーティリティ)の優れている点は、組み込みのヘルプ機能です。

DiskPartコマンドのヘルプ機能にアクセスする方法を示すことは、このガイドで説明する他のどのことよりも間違いなく重要です。釣りの方法を示すのと同じです。

まず最初に、WindowsコマンドプロンプトからDiskPartにアクセスします。これは明らかだと思いますが、Tを点在させ、Isを横断するために、言及する必要がありました。

最も重要なことは、管理者としてコマンドプロンプトを開く必要があります。リンクにあるものの簡略版–管理者としてコマンドプロンプトを開くには:次のように入力します。 cmd Windows 10で検索し、右クリックします コマンド・プロンプト 。最後に、[管理者として実行]を選択します。

管理者としてコマンドプロンプトを開いたら、DiskPartコマンドを入力し、キーボードのEnterキーを押します。

DiskPart

すべてのDiskPartコマンドを一覧表示する方法

DiskPartコマンドプロンプトが開いたら、使用可能なすべてのコマンドを一覧表示するには、次のように入力します。 ヘルプ 。次に、Enterキーを押します。すべてのDiskPartコマンドの完全なリストが表示されます–下の2番目のスクリーンショットを参照してください。

2番目のスクリーンショットの一部のコマンドは非表示になっています DiskPartコマンドの完全なリスト

特定のコマンドでヘルプを取得する方法

前のサブセクションで説明したように、すべてのDiskPartコマンドを次のコマンドで一覧表示できます。 ヘルプ 。さらに、特定のコマンドに関する詳細情報を取得できます。

たとえば、あなたが何を学びたいのなら リスト コマンドが実行されたら、以下のコマンドを入力してEnterキーを押します。

HELP LIST

これが結果です ヘルプリスト 指図。追加情報を提供します。

上のスクリーンショットから、 ヘルプリスト コマンドは次のことを説明します。

リスト ディスク –ディスクのリストを表示する
リストパーティション –選択したディスク上のパーティションのリストを表示します
リストボリューム –ボリュームのリストを表示します
VDISKを一覧表示 –仮想ディスクのリストを表示します

この知識を他のDiskPartコマンドに適用できます。次のセクションで説明するコマンドの詳細については、HELPと入力してからコマンドを入力してください。

DiskPartコマンドの完全なリスト

DiskParkの例

以下の表は、DiskPartコマンドの包括的なリストと説明です。

S / NDiskPartコマンドコマンドの詳細
1RESCANコンピューターに追加された可能性のある新しいディスクがないか、コンピューターをスキャンします。これは、前提条件コマンドとしてLISTおよびSELECTを必要としない唯一のコマンドです。コマンド:RESCAN
2リストオブジェクトのリスト(ディスク、パーティション、ボリューム、または仮想ディスク)を表示します。コマンド:LIST DISK、LIST VOLUME、LIST PARTITION、またはLISTVDISK。
3選択するコマンドフォーカスを特定のディスクオブジェクトに移動します。コマンドフォーカスをディスクにシフトするには、SELECTDISKと入力します。さらに、特定のパーティションで作業する場合は、SELECTPARTITIONを使用します。同じことがボリュームとvdiskにも当てはまります。
4オンラインディスクとボリュームに適用されます。 ONLINEコマンドは、以前にオフラインとしてマークされたディスクまたはボリュームを移動するために使用されます
5オフラインONLINEコマンドの反対を実行します
6詳細すべてのディスクオブジェクト(ディスク、パーティション、ボリューム、およびVDISK)に適用されます。 DETAILコマンドは、フォーカスされているオブジェクトのプロパティを表示します。
7聖人を表示または設定します SANポリシー オペレーティングシステム用。 SANコマンドを使用する前に、ディスクを選択する必要があります。
8一意のIDディスクのMBR署名またはGPT識別子を設定または表示します。 UNIQUEIDを実行する前に、SELECTコマンドを使用してディスクにフォーカスを置く必要があります。
9回復しますRECOVERコマンドは、動的ディスクにのみ適用できます。このコマンドは、パックの一部であるディスクで動作します。
10ファイルシステム選択したボリュームの現在のファイルシステムに関する情報を表示します。このコマンドは、ボリュームをフォーマットするためにサポートされているファイルシステムも表示します。
十一綺麗CLEANコマンド 削除します 選択したディスクからのボリューム情報のすべてのパーティション–ディスクを事実上不明としてマークします。 CLEANコマンドはデータの損失につながるため、注意して使用してください。
12行くVDISKに適用–子ディスクをその親ディスクとマージします
13フォーマット指定したボリュームをWindowsオペレーティングシステムで使用するためにフォーマットします。構文と例の完全なリストについては、次を使用してください。 ヘルプフォーマット
14コンパクトVDISKに適用– COMPACTコマンドは、仮想ディスクファイルの物理サイズを縮小しようとします
15変換BASICディスクをDYNAMICに、またはその逆に変換するために使用されます。 GPTをMBRに、またはその逆に変換する場合にも適用されます。
16GPTCONVERTコマンドと組み合わせて使用​​します
17MBRCONVERTコマンドと組み合わせて使用​​します
18ベーシックCONVERTコマンドと組み合わせて使用​​します
19動的CONVERTコマンドと組み合わせて使用​​します
20拡張するボリュームまたはパーティションに適用–ディスク上の空き(未割り当て)スペースを使用して、フォーカスのあるボリュームまたはパーティションの拡張(サイズを拡大)します。
21シュリンクEXTENDコマンドの反対を実行します。
22拡大VDISKに適用–仮想ディスクを使用可能な最大サイズに拡張します。
23アクティブMBRパーティションをアクティブとしてマークするために使用されます
24非活性ACTIVEコマンドの反対を実行します
25割当ドライブ文字またはマウントされたフォルダのパス名を、フォーカスのあるボリュームまたはパーティション(選択したボリュームまたはパーティション)に割り当てます
26属性ディスクまたはボリュームの属性を表示または操作します。ディスク(特にSDカード)のフォーマットを妨げるReadOnly属性を削除するのに便利です。
27作成VOLUME、PARTITION、またはVDISKを作成するために使用されます。ダイナミックディスクにボリュームを作成し、ベーシックディスクにパーティションを作成できます。
28消去ディスクで使用すると、不足しているディスクがディスクリストから削除されます。選択したパーティションまたはボリュームを削除するためにも使用できます。
29添付VDISKSに適用可能–仮想ディスクファイルを添付します
30デタッチATTACHコマンドの反対を実行します
31修理故障したRAID-5メンバーを指定されたダイナミックディスクと交換することにより、選択されたRAID-5ボリュームを修復します
32追加選択したシンプルボリュームを指定したディスクにミラーリングします。 2つのディスクで効果的にミラーを作成します
33壊す選択したミラーボリュームを2つの単純なボリュームに分割します
3. 4セットID選択したパーティションのパーティションタイプフィールドを変更します。このコマンドを使用してパーティションタイプを変更すると、OperatingSyetmの起動が停止する場合があります。自分が何をしているかを知っている場合にのみ使用してください。
35オートマウント基本ボリュームの自動マウント機能を有効または無効にします。
36保持ダイナミックボリュームでのみ使用してください。ブートボリュームまたはシステムボリュームとして使用する既存のダイナミックシンプルボリュームを準備します。
37出口DiskPartコマンドユーティリティを終了し、コマンドプロンプトに戻ります

DiskPartの例

CLEARコマンドを使用してディスクの初期化を解除する方法

このセクションでは、DiskPartを使用して一般的なディスク管理タスクを実行する方法を学習します。

CLEANコマンドを使用してディスクの初期化を解除する方法

実行できるディスク管理タスクの1つは、まれですが、ディスクの初期化を解除することです。ディスクを初期化すると、Windowsはディスクから「初期化ではなく不明」ステータスを削除します。

CLEARコマンドを使用してディスクの初期化を解除する方法

ただし、ディスクの初期化を解除する必要がある場合がまれにあります。一般的なシナリオの1つは、WindowsPCで使用されているディスクをmacOSまたはLinuxコンピューターに転送する必要がある場合です。

DiskPartを使用してWindowsディスクをクリーンアップして別のオペレーティングシステムで使用するには、次の手順に従います。

  1. 管理者としてコマンドプロンプトを開きます。次に、DiskPartコマンドを開きます–コマンドプロンプトにDiskPartと入力し、Enterキーを押します。
  2. 次に、DiskPartコマンドで、以下のコマンドを入力し、Enterキーを押します。
LIST DISK

このコマンドは、コンピューター上のすべてのディスクを表示します。作業するディスクのディスク番号をメモします。

ディスクがわからない場合は、ディスクの管理(新しいブラウザタブでリンクが開きます–ディスクの管理を開く方法を示します)を使用してディスクを確認します。

DISKPARTCONVERTコマンドを使用してディスクを初期化する方法
  1. 次に、SELECTDISKコマンドを使用してディスクを選択します。この例では、ディスク2を選択します。
SELECT DISK  2  
交換 2 あなたのディスク番号で
  1. 最後に、ディスクを選択した状態で、CLEANコマンドを入力し、Enterキーを押します。
CLEANコマンドは、ディスクからすべてのボリュームとパーティションを削除します。ディスク上のすべてのデータが失われます。注意して続行してください。
CLEAN

CLEANコマンドが完了すると、ディスクの管理を見ると、ディスクは「初期化されていません」と表示されます。下の2番目のスクリーンショットを参照してください。

CONVERTコマンドを使用してディスクを初期化する方法

DiskPart CONVERTコマンドは、CLEANコマンドの反対を実行します。コンピュータにディスクを挿入する場合は、使用する前にディスクを初期化する必要があります。

ディスクを初期化するプロセスでは、ディスクパーティションスタイル(MBRまたはGPT)を選択します。

DiskPartでディスクを初期化するには、管理者として開いたコマンドプロンプトでDiskPartを開きます。次に、以下のコマンドを順番に実行します。

LIST DISK
SELECT DISK 2
交換 2 ディスク番号を使用して
CONVERT MBR

最後のコマンドは、MBRパーティションスキームを使用してディスクを初期化します。 GPTパーティションスキームでディスクを初期化するには、次のように置き換えます。 MBRGPT コマンドで。

最後のコマンドが完了すると、ディスクは「不明」として表示されなくなり、初期化されなくなります。下の2番目のスクリーンショットを参照してください。

DiskPartONLINEおよびOFFLINEコマンドの使用方法

DiskPartONLINEおよびOFFLINEコマンドの使用方法

ONLINEおよびOFFLINEDiskPartコマンドは、ご想像のとおり、ディスクをオンラインまたはオフラインにするために使用されます。この例では、ディスク2をオフラインにします。

DiskPartONLINEおよびOFFLINEコマンドの使用方法

以下の手順に従って、オンラインディスクをオフラインにします。

  1. 管理者として開いたコマンドプロンプトでDiskPartを開く
  2. 次に、次のコマンドを順番に実行します–
LIST DISK
SELECT DISK 2
交換 2 ディスク番号を使用して
OFFLINE

DiskPartプロンプトのコマンドは次のとおりです。 2番目のスクリーンショットは、ディスクのステータスがオフラインであることを示しています。

逆に、ディスクがオフラインの場合は、次のコマンドを実行してオンラインにすることができます。

LIST DISK
SELECT DISK 2
交換 2 ディスク番号を使用して
ONLINE

ONLINEコマンドを実行した後、ディスクの管理を見ると、ディスクのステータスがオンラインとして表示されます。

DiskPartONLINEおよびOFFLINEコマンドの使用方法

DETAILコマンドを使用してオブジェクトのプロパティを表示する方法

DETAILを使用して、DISK、PARTITION、VOLUME、またはVDISK(仮想ディスク)のプロパティを表示できます。いつものように、LISTコマンドを使用してからSELECTコマンドを使用して、オブジェクトをそれぞれ一覧表示してフォーカスを合わせる必要があります。

次に、DETAILコマンドを使用して、ディスクオブジェクトのプロパティを表示します。 DETAILコマンドがどのように機能するかを示すために、以下のスクリーンショットで強調表示されているディスク2のプロパティを表示します。

DiskPartFILESYSTEMSコマンドの使用方法

ディスクのプロパティを表示するには、次のコマンドを実行します。

LIST DISK
SELECT DISK 2
交換 2 ディスク番号を使用して
DETAIL DISK

結果を参照してください 詳細ディスク 下のスクリーンショットのコマンド。このコマンドは、ディスクに関する重要な情報を一覧表示します。

この情報は、トラブルシューティングの目的で使用できます。たとえば、ディスクをフォーマットしようとしてもフォーマットできない場合は、 読み取り専用 ステータスが役立つ場合があります。

ディスクが 読み取り専用 、はい、この属性を「いいえ」に変更できます。そうすると、ディスクをフォーマットできるようになります。これについては、このガイドで後述するATTRIBUTESの例で詳しく説明します。

さらに、表示される他の重要なプロパティがあります。たとえば、ディスクの種類が表示されます。また、ディスクがページファイル、ハイバネーションファイル、またはクラッシュダンプディスクディスクのいずれであるかを確認します。

これらの情報は、SysAdminsがディスクの問題をトラブルシューティングするのに役立つ場合があります。

FILESYSTEMSコマンドの使用方法

DiskPartコマンドのセクションで説明したように、FILESYSTEMSコマンドを使用して、ボリューム内の現在のファイルシステムを表示できます。いつものように、ディスクをリストして選択する必要があります。

選択したボリュームで現在サポートされているファイルシステムを表示するには、以下のコマンドを順番に使用します。

LIST VOLUME
SELECT VOLUME  6  
交換 6 ボリューム番号付き
FILESYSTEMS

以下のスクリーンショットでわかるように、FILESYSTEMSコマンドは、ボリューム6(選択されたボリューム)がNTFSファイルシステムでフォーマットされていることを示しています。

さらに、このコマンドは、FATおよびFAT32ファイルシステムを使用してボリュームをフォーマットできることを確認します。

この画像には空のalt属性があります。そのファイル名はimage-525-1024x775.pngです。

ボリュームとパーティションを作成または削除する方法

DiskPartには、CREATEとDELETEの2つのコマンドがあり、それぞれパーティションとボリュームを作成および削除するために使用されます。このセクションでは、ディスク2のすべての未割り当て領域を含むパーティションを作成します。

ディスク2はベーシックディスクであるため、ディスク上にのみパーティションを作成できます。ボリュームを作成できるようにするには、ディスクをベーシックディスクからダイナミックディスクに変換する必要があります(リンクは新しいブラウザタブで開きます)。

CREATE DiskPartコマンドを使用してパーティションを作成するには、以下のコマンドを実行します。

LIST DISK
SELECT DISK 2
交換 2 ディスク番号を使用して
CREATE PARTITION PRIMARY

最後のコマンドは、ディスク上の使用可能なスペース全体を使用して、ベーシックディスク上にプライマリパーティションを作成します。特定のサイズのパーティションを作成する場合は、SIZEパラメーターを含めます。

パーティションのサイズはMB単位で指定されます。以下の例では、10 GBのパーティションを作成したため、サイズを10と指定しました。 000
CREATE PARTITION PRIMARY SIZE=10  000  

コマンドは次のとおりです。次の2番目のスクリーンショットは、パーティションがディスクに作成されたことを示しています。

次に、すでにパーティションがある場合は、DELETEPARTITIONコマンドを使用してコマンドを削除できます。

ただし、DELETE PARTITIONコマンドを実行する前に、最初にパーティションを一覧表示してから、削除するパーティションを選択する必要があります。

コマンドの完全なリストは次のとおりです。

LIST DISK
SELECT DISK 2
交換 2 ディスク番号を使用して
LIST PARTITION
SELECT PARTITION  1  
交換 1 パーティション番号を使用します。
DELETE PARTITION

DiskPartのコマンドは次のとおりです…

DiskPartFORMATコマンドの使用方法

パーティションまたはボリュームを作成した後、使用可能になる前に、パーティションまたはボリュームをフォーマットし、ドライブ文字を割り当てる必要があります。このサブセクションでは、FORMATコマンドを使用してボリュームまたはパーティションをフォーマットする方法を学習します。

進行中の例に続いて、ディスク2の単一パーティションをフォーマットします。パーティションは、以下のスクリーンショットで強調表示されています。

DiskPartのよくある質問

パーティションをフォーマットするには、次のコマンドを順番に実行します…

LIST DISK
SELECT DISK 2
交換 2 ディスク番号を使用して
LIST PARTITION
SELECT PARTITION  1  
交換 1 パーティション番号を使用します。
FORMAT FS=NTFS QUICK

これらはDiskPartコマンドです…

DiskPartASSIGNコマンドの使用方法

ASSIGNコマンドコマンドは、ドライブ文字をパーティションまたはボリュームに割り当てるために使用されます。通常どおり、最初にディスクを選択する必要があります。次に、ドライブ文字を割り当てる前にパーティションが選択されます。

ドライブ文字をパーティションに割り当てるには、次のコマンドを順番に実行します。

LIST DISK
SELECT DISK 2
交換 2 ディスク番号を使用して
LIST PARTITION
SELECT PARTITION  1  
交換 1 パーティション番号を使用します。
ASSIGN

ドライバー文字を指定せずにASSIGNコマンドを実行すると、DiskPathは次に使用可能なドライブ文字を割り当てます。ただし、以下のコマンドに示すように、ドライブ文字を指定できます。

ASSIGN LETTER=E
ドライブ文字を指定する際の問題は、指定されたドライブ文字が使用できない可能性があることです。これによりエラーが発生し、コマンドが失敗します。

動作中のコマンドを確認するには、以下のスクリーンショットを参照してください。

ATTRIBUTESコマンドの使用方法

DiskPart ATTRIBUTESコマンドを使用して、一般的な実際のディスクの問題を修正できます。 USBディスクをフォーマットしようとすると、ディスクが書き込み保護されていることを示すエラーメッセージが表示される場合があります。

このメッセージが表示された場合、問題を修正する既知の方法の1つは、DiskPartATTRIBUTESコマンドを使用して読み取り専用属性を削除することです。この属性を削除すると、ドライブをフォーマットできるようになります。

ディスクの読み取り専用属性を削除し、ディスクが書き込み保護されているというメッセージを修正する手順は次のとおりです。

  1. 次のdiskpartコマンドを実行します。
LIST DISK
SELECT DISK 2
交換 2 あなたのディスク番号で

2.最後に、読み取り専用属性を削除するには、このコマンドを入力してEnterキーを押します。

ATTRIBUTES DISK CLEAR READONLY

これまで、ATTRIBUTESコマンドを使用して読み取り専用属性を削除する方法について説明してきました。ただし、読み取り専用属性をディスクに適用したい場合があります。

これを実行する理由の1つは、ディスクを誤ってフォーマットしないようにするためです。読み取り専用属性を適用する場合は、次のコマンドを使用します。

以下のコマンドを実行する前に、 リストディスクディスクの選択 コマンド。
ATTRIBUTES DISK SET READONLY

このコマンドをディスクで実行すると、ディスクがロックされ、フォーマットできなくなります。ドライブをフォーマットできるようにするには、を実行する必要があります 属性ディスククリア読み取り専用 指図。

SHRINKおよびEXTENDコマンドの使用方法

SHRINKコマンドは、ボリュームまたはパーティションから未割り当て領域を解放するために使用されます。これを行う必要がある場合の1つの例は、デュアルブートオペレーティングシステムをインストールするための空き領域を作成することです。

たとえば、既存のWindows10でWindows7をデュアルブートできます。さらに、Windows10でUbuntuをデュアルブートすることもできます。

縮小コマンドを使用して一部のスペースを解放するには、次のコマンドを実行します。

LIST DISK
SELECT DISK 2
交換 2 ディスク番号を使用して
LIST PARTITION
SELECT PARTITION  1  
交換 1 パーティション番号を使用します。

最後に、以下のコマンドを使用してパーティションを縮小します。

DESIRED値とMINIMUM値をMB単位で指定します。

SHRINK DESIRED=30  000  MINIMUM=10  000  

または、使用可能な最大数を解放するには、SHRINKコマンドを使用します。

SHRINK

このサブセクションでは、これまでSHRINKコマンドについて説明してきました。一方、EXTENDコマンドは、同じディスク内に既存の未割り当て領域を持つボリュームまたはパーティションを追加(EXTEND)するために使用されます。

ディスク上で使用可能なすべての未割り当て領域を使用してボリュームまたはパーティションを拡張するには、上記のSHRINKコマンドのデモンストレーションで使用したすべてのコマンドを実行します。次に、以下のコマンドを使用します。

EXTEND

サイズを指定することもできます–サンプルコマンドは次のとおりです。

EXTEND SIZE=500
サイズはMBで指定されます。

DiskPartのよくある質問

このガイドのこの最後のセクションでは、DiskPartに関してよく寄せられる質問に答えます。

1. DiskPartを使用するにはどうすればよいですか?

管理者としてコマンドプロンプトを開き、DiskPartと入力して、Enterキーを押します。 DiskPartコマンドのリストを取得するには、HELPと入力してEnterキーを押します。 HELPと入力してからDiskPartコマンドを入力することにより、コマンドの使用方法を学ぶこともできます。

2. DiskPart Cleanは何をしますか?

ディスクからすべてのパーティションまたはボリューム情報を削除し、ディスクのステータスを「不明」、「初期化されていません」に変更します。事実上、DiskPart Cleanは、ディスクからすべてのデータを消去することにより、ディスクを新しいディスクのように見せます。

3. DiskPart CleanはMBRを削除しますか?

はい、そうです。ディスクの初期化時に、ディスクパーティションスキーム(MBRまたはGPT)が設定されます。 DiskPart Cleanを実行すると、ディスクの初期化が解除されます。これには、すべてのパーティショニングスキームの削除が含まれます。

4. MBRはGPTよりも高速ですか?

いいえ。新しいGUIDパーティションテーブル(GPT)パーティションスタイルのディスクは、古いマスターブートレコード(MBR)でパーティション分割されたディスクよりも高速ではありません。 2つの分割スタイルの唯一の主な違いは、GPTがより堅牢で、2TBを超えるボリュームをサポートすることです。

5. Windows 10はMBRまたはGPTを使用しますか?

Windows 10は、MBRまたはGPTディスクパーティションスキームのいずれかを使用できます。

6. NTFS MBRまたはGPTですか?

NTFSはMBRでもGPTでもありません。 NTFSは、MBRまたはGPTとは異なるディスクの概念です。 NTFSはパーティションまたはボリュームをフォーマットするときに使用されるファイルシステムですが、MBRまたはGPTはディスクで使用されるパーティションスキームを定義します。 NTFSファイルシステムを使用してボリュームまたはパーティションをフォーマットする以外に、FATまたはFAT32ファイルシステムを使用してフォーマットすることもできます。

7. MBRをGPTに変換するとどうなりますか?

MBRをGPTパーティションスキームに変換するときに最初に注目すべきことは、1つのディスクに4つを超えるパーティションを作成できることです。これはMBRスキームの制限です。さらに、GPTは、MBRで使用されていた古い標準BIOSパーティションテーブルよりも安全な新しいUnified Extensible Firmware Interface(UEFI)を使用します。最後に、MBRとは異なり、GPTは2TBを超える大きなディスクに使用できます。

8. USBがUEFIブート可能かどうかはどうすればわかりますか?

USBがGPTまたはMBRの分割スキームを使用しているかどうかを確認します。 USBの初期化時にGPTが選択された場合、UEFIブータブルになります。 GPTは、UEFIで機能する唯一のパーティションスキームです。MBRは、古い標準のBIOSパーティションテーブルを使用します。

9.ハードドライブをGPTに変換するにはどうすればよいですか?

ディスクがすでに初期化されており、MBRを使用している場合、ディスクをGPTに変換する唯一の方法は、DiskPartを使用してディスクの初期化を解除することです。手順は次のとおりです。
1 –管理者としてコマンドプロンプトを開き、次のように入力します DiskPart Enterキーを押します。
2 – DiskPartプロンプトで、次のように入力します リストディスク 、Enterキーを押して、MBRからGPTに変換するディスクのディスク番号をメモします
3 –次に、次のように入力します ディスクの選択 そしてEnterキーを押します–ディスクの番号に置き換えます–から リストディスク 指図
4最後に、CLEARと入力し、Enterキーを押します。すべてのパーティションテーブルがディスクから削除されます

最後のステップは、ディスク管理を開くことです。ディスクの管理を開くと、ディスクが新しいドライブとして表示され、初期化するように求められます。新しいパーティションスキームとしてGPTを選択します。まれに、ディスクの管理でディスクの初期化を求めるプロンプトが表示されない場合は、ディスクを右クリックして[ディスクの初期化]を選択します。次に、新しいパーティションスキームとしてGPTを選択します。

10. GPTをMBRに変換すると、データが失われますか?

はい。標準のWindowsツールを使用する場合– DiskPartディスクの管理 ドライブ内のデータが失われます。データが失われる理由は、GPTからMBRに変換するプロセスの最初のステップは、ドライブのパーティションスキームを削除することです。このプロセスにより、ドライブ上のすべてのデータが破棄されます。ただし、次のようなサードパーティのツールを使用できます パーティションアシスタント 。このツールを使用すると、データを失うことなくGPTからMBRに変換できる場合があります。

このDiskPartコマンドガイドがお役に立てば幸いです。役に立ったと思ったら、親切に投票してください はい この投稿は以下の役立つ質問でした。

ただし、 DiskPart 必要であるがこのガイドには含まれていないヘルプをクリックしてください 番号 この投稿は以下の役立つ質問でした。次に、詳細をお知らせください。 DiskPart このガイドに含まれていないあなたが望んでいた助け。読者のフィードバックを確認し、ガイドを更新して常にニーズに対応します。

また、このガイドについてのご意見をお聞かせください。このページの最後にある「返信を残す」フォームを使用してください。

最後に、その他のWindowsコマンドSゾーンについては、PowerShellおよびCMDの説明ページにアクセスしてください。

また、包括的なWindows10ディスクの管理ガイドが非常に役立つ場合があります。